マンション売却をするなら比較をすることが肝心

土地の境界確認

工事現場

正確な相続や売買のために

住宅の塀は、通常は土地の境界に沿って建てられていますが、これがずれている場合、不公平が生じます。片方は本来よりも広く土地を使用でき、もう片方は土地を十分に使用できないからです。人口密度が高く住宅の多い東京では、こういった土地の境界確認におけるトラブルが発生しがちです。そのことから東京では、多くの人が土地家屋調査士に境界確認を依頼しています。土地家屋調査士は、登記されている内容をもとに境界を確認し、正確な地積測量図を作成します。これにより、土地の所有権の有効範囲が明確になれば、それに関するトラブルは発生しにくくなるのです。また東京では、土地の相続におけるトラブルもたびたび発生します。たとえばひとつの土地を兄弟2人で相続する場合、均等に分けなければ、やはり不公平となります。しかし土地家屋調査士に相談すれば、比較的スムーズに、公平に分けることが可能となるのです。さらに土地の売買の際には、正確な広さが確認できることから、適正価格での取引が可能となります。東京では、投資のための土地の売買がさかんとなっているので、正当な利益を得るために土地家屋調査士の手を借りるという人も多くいます。このように土地家屋調査士には、土地の面積に関する様々なサポートを任せることができるのです。測量だけでなく相続や売買後の登記手続きの代行も依頼できるため、その点からも土地家屋調査士は、多くの人々に頼りにされています。ただし料金は、土地の状態によって異なってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが大事です。